総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】

総合保険代理店に転職をお考えの方へ

総合保険代理店は、例年の転職したい業界のランキングで上位に入る人気の業種です。転職の際は資格の有無や経験値などがあまり問われないことも希望者が増える理由の一つです。

総合保険代理店への転職の最初のステップは、転職サイトへの登録です。リクルートエージェントには多数の求人案件が保有されているので、事前に情報収集するうえでも大変便利なサイトです。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

総合保険代理店は首都圏にも多いですが地方にも点在しています。全国の幅広い求人を網羅するのであればリクルートエージェントのような大手がベストです。求人の数だけでなくエリアの幅や質の面でも評価できます。




DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

転職エージェントで大手の一角にDODAがあります。パーソルキャリア運営で知名度も高いです。サイト内で総合保険代理店の求人を検索してもそこそこの数がヒットすることから充分に利用価値があるサイトです。




パソナキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細

女性で総合保険代理店に転職したい場合はこのサイトを推奨します。総合保険代理店の求人数があるのはもちろんですが女性の転職サポートに実績と高い評価があるためです。女性の場合はこちらをお勧めします。




総合保険代理店の転職動向は?

他業界からの転職

総合保険代理店各社は全国各地で次々と自社直営ショップの開業を進めており、新卒者のみならず、他業界の人材の中途採用にも総じて積極的です。 保険商品の販売には保険会社もしくは代理店に所属の上、所定の資格が必要であり、入社後に順次必要資格を取得して行く必要があります。 言い換えれば「応募時に特に資格を求めらなれい」間口の広い業種であり、実際に幅広い他業種の人材が次々とこの業界への転身を果たしています。 これまでの職歴はあくまで「自身の経験値」という武器として、入社後ゼロから専門知識を学び、階段を上るようにスキルアップして行ける職種です。 採用する側も金融業界経験者に絞り込んだりせず、幅広い分野からの志望者を歓迎しています。

一昔前の保険契約者募集と言えば、訪問販売スタイルがメインでしたが、最近では来店型の営業スタイルへとその主軸が移行しています。 「飛び込み営業」に抵抗をお持ちの方々でも、最初から保険に関心をお持ちのお客様の対応が約束された環境で、同僚先輩に見守られながら経験を積んで行けるので安心です。 また社内での研修態勢も充実しており、業務と学習を通じて確実にスキルアップ出来るのも、同業界で勤務するに際しての大きな魅力です。

業界内から業界内への転職

他の総合保険代理店からの転職や、生命保険会社、損害保険会社の社員が転職するパターンも多く見られます。 業務拡張に際しては当然、即戦力や指導者的立場を務められる人材の確保も不可欠であり、一般告知のみならず、水面下のヘッドハンティングも積極的に行われています。 この他、保険商品を取扱う、たとえば自動車ディーラーや修理工場での勤務経験者も、広い視点から見れば業界内の人材であり、こうした方々の転身も少なくありません。

総合保険代理店間の転職の場合、転職者は自身が契約を担当した既顧客を、そのまま転職先へ連れて行く事は出来ません。 保険募集に関する法律で、保険代理店退社時には自己保有の契約は全てその代理店に置いて行かねばならないと規定されています。 また退職時のお得意様に対し、前職場での契約を解約して新たに自身から再契約を促す行為も規約違反であり、発覚すれば処分の対象となります。 但し顧客自らの意思でそのような流れとなった場合は、その限りではありません。 新たな職場へは、既顧客ゼロの他業種からの新人社員と同じスタートラインから、慣れ親しんだ仕事を再スタートする事となります。 これは形を持たない「金融商品」を取扱う営業ならではの特徴です。 業界経験者が転職に踏み切られる際には、ぜひ「新人時代に戻っての再スタート」の心構えを忘れず、培った経験値を謙虚に活かして頑張る姿勢が不可欠です。

業界外への転職

総合保険代理店から他業種への転職先に関しては多岐に渡りますが不動産業界や建設業界への転職の事例は多い傾向にあります。不動産関係企業は火災保険、傷害保険などが自社管理物件に関係がありますし、当然社員の福利厚生にも保険は関わってくるためでしょう。 もちろん生保会社・損保会社への転職も見られるのは言うまでもありません。

同業種自体が比較的歴史が浅く、保険代理店が将来的に異業種へと事業拡張する可能性もゼロとは言えません。在職を続ける中、前職で身につけたスキルを評価され、自社内で業界外の仕事にタッチする機会に恵まれる、将来的にそんな展開も十分想定出来ます。

総合保険代理店の転職と採用基準は?

重要視される履歴と身分証明

総合保険代理店のみならず、金融商品を取扱う企業の人材採用に際し、何より重要視されるのが、応募者の履歴と身分証明です。 実績を有する代理店であれば、提出された履歴書に記載された応募者の出身校や過去の勤務先に関し、まず間違いなく存在の有無や、応募者が本当に在籍していたか否かを確かめます。 また保険商品など金融商品販売に際しては、禁治産者すなわち自己破産経験者は携わる事が出来ず、応募者のこうしたプライベート面の経歴に関しても厳しくチェックされます。 入社を希望する気持ちから、こうした経歴を伏せた虚偽応募が発覚すれば、解雇処分が下されたとしても反論は出来ないばかりか、自身の経歴に自ら傷を付けてしまう事となります。

更に本人の身分証明に関しても、現住所は勿論の事、家族構成に関しても、住民票の提出や複数の家族親族を緊急連絡先に指定する事で、採用予定者の身分を徹底的に確認します。 金融商品販売担当者を雇用育成する上で必要な作業であり、応募者のプライバシー侵害行為には抵触しないと判断されています。 保険商品販売に携わる以上、身元と経歴が確かである事が、何より最重要ポイントであり、僅かでも不自然あるいは疑わしき点が見られれば、不採用の判断に繋がるので十分注意が必要です。

学歴には拘らぬ傾向

新卒者採用に際しては、一部事務職や人事総務職を除き、特に大卒には拘らぬ特徴が見られ、中途採用希望者にとっては比較的間口の広い職種です。 応募時に特に保険を含む金融商品販売にプラスとなる資格を有していなくとも、それがマイナスのハンデキャップになる事も通常ありません。 保険商品販売資格は、保険代理店(個人開業を含む)に在籍していなければ取得出来ず有効とは判断されません。

保険商品自体、常に法に基づく規定が細かく変化を見せ続けており、在職期間中も随時確認と学習を求められます。 契約取得同様あるいはそれ以上に、商品知識を正しく増やし、法改正の施行をチェックし続けなければならない「常に勉強」の職種です。 採用担当者は学生時代の成績よりも、応募時点から将来的に、学び習得し続ける姿勢が見られるか否かを重要視しています。 但しFP資格など、金融や不動産関連に関する広く深い知識を有する事を証明する有国家資格者に関しては、待遇面を含め好条件で採用する傾向が見られます。

他の代理店の吸収統合

全国展開中の総合保険代理店は時に、地方小都市や郡部市町村の古くからの個人保険代理店を、自社出張所すなわちアンテナショップにすべく、吸収合併を試みる事があります。 合意に至れば対象となる個人代理店のスタッフは全員、総合保険代理店に「転職」する事となり、新しい屋号の下、引き続き地域密着の保険代理店業務を継続する事となります。 保険業務に携わる期間が開く事も無く、転職者となる保険募集人の資格が喪失する事もなく、吸収する側は即戦力の人材と営業基盤を確保出来ます。

異業種に従事中の一般の方々とは接点が無い、ある意味特殊なケースですが、小さな保険代理店のパートの事務職から、結果大手代理店の社員に転身する可能性を証明するケースです。 但しあくまで会社レベルでの決定事項であり、吸収される側に在職している個人個人の希望や以降が全て反映されるとは限りません。 給与体系や拘勤務時間帯、福利厚生など待遇面に関しては、あくまで吸収元の規定に準じる事になります。 全国規模の大手総合保険代理店の一員に、結果的に転職「してしまう」パターンであり、これをプラスと捉えてより一層努力すれば、業界内での更なるスキルアップが可能です。


Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.