総合保険代理店の転職と面接

総合保険代理店求人TOP >> 総合保険代理店の転職の基礎 >> 総合保険代理店の転職と面接

総合保険代理店の転職と面接

店頭勤務志願者のポイント

書類選考を通過し、いよいよ面接段階に辿り着いた直営店舗で店頭接客対応を担当予定の応募者に求められるポイントは、自社を代表する顔としてお客様の前に出せるか否か、この1点です。 来店型店舗に足を運んで下さるお客様からすれば、偶然最初に対応した自社スタッフがそのまま、自社の印象であり全てです。 私達人間が未知の相手に対する第一印象は、出会ってコンマ数秒で決まり、一旦抱いた先入観を覆すには、親しい距離感でも年単位を要すると言われています。 勿論入社後の社員研修を通じ、総合保険代理店の一員として恥ずかしく無い募集人へと教育されますが、それに応えられる人材か否かを、面接という限られた時間で見極められる事になります。 マニュアルに沿った優等生的な発言内容や専門知識、更には数々の面接関連の書物や配信で推奨されている、お手本的な言動に拘り過ぎてはマイナスです。

また地声が低い人は、落ち着いた印象を与えるメリットと背中合わせに、元気が無い、あるいは無愛想なイメージを伝えるリスクを有しています。 入社時声が低い事を理由に、総務課や人事課の配属となり、日々高目の声で電話に出る訓練を新人時代に重ねた経験者が、今日大手総合保険代理店の面接担当を務めているケースも見られます。 決して個人の特徴を差別あるいは区別している訳では無く、営利目的の接客業である総合保険代理店として、自社の人材を適材適所に配置する上での当然の判断です。 一部接客業界に於いて、お客様より目線が高くなるのを避けるべく、長身の人材の採用を控える傾向が見られるのと同様、各代理店の接客レベル向上姿勢故の傾向です。

法人営業志願者のポイント

総合保険代理店の収入の屋台骨を担うのは、高額保険料から換算される手数料を自社に運ぶ、法人営業担当者であり、優秀な人材の確保が自社存続と成長の鍵を握る存在です。 ヘッドハンティングも水面下で積極的に行われており、こうした採用予定者が不特定多数の応募者に混じり、集団面接に臨むパターンも珍しくありません。 こうした場面では、即興の短時間討論会を数名の応募者に指示し、発言内容や相手の話を聴く姿勢などが細かくチェックされます。 この場面では、ヘッドハンティング予定者が全ての面で優れていて当然であり、一般応募者はいわば窮地的な立ち位置となります。 面接担当者はこうした場面での対応能力を見るのが目的ですので、決して慌ててしまったり、無理に背伸びした発言に走ってしまわぬ姿勢が求められます。

法人営業の現場では、特に不用意な一言一句が大袈裟では無く命取りであり、一般のお客様以上に複雑かつ膨大な情報を見込先企業から入手し、守秘義務を徹底遂行せねばなりません。 ここでのポイントはズバリ、ピンチだと自覚すれば黙って傾聴です。

事務職員志願者のポイント

インターネットの普及に伴い、コンプライアンス遵守と個人情報保護の徹底が求められる保険業界であり、総合保険代理店の事務職員は、最前線でそれらを取扱う職種です。 面接担当者は応募者の発言の中に無意識に含まれる、こうした守秘義務に関連する文言が発せられる回数をチェックしています。 雄弁に自身をアピールするつもりが、結果個人情報の範疇に抵触する固有名詞や数値などをペラペラ発してしまっていては、採用の二文字は遠ざかるばかりです。

質問された内容に関し、どれだけ簡潔に即答出来るのかを面接担当者はチェックしています。 事務所もしくは営業所に着信する電話に出るのも重要な仕事であり、余計な一言を発するリスクが低い、安心出来る人材と認識される事が、保険業界の事務職に強く求められます。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.