総合保険代理店の採用職種の分類

総合保険代理店求人TOP >> 総合保険代理店の転職の基礎 >> 総合保険代理店の採用職種の分類

総合保険代理店の採用職種の分類

店頭接客スタッフ

旧来の訪問型セールスから来店型へと、その営業スタイルを昨今急速に変化させている保険商品販売である以上、店頭接客スタッフの増員は各総合保険代理店にとって急務です。 保険商品販売に際しては、どれだけ接客ノウハウやトーク力が優れた人材であっても、法律で定められた資格の取得が必要です。 採用した人材を迅速かつ確実に育成する義務を負う各代理店は、各社独自の教育システムを準備し、より即戦力が期待出来る人材を積極的に募集しています。

保険商品の販売に際しては、お客様と目線を合わせて現在の契約状況を確実に理解いただき、お客様の貴重な個人情報を元に、再適なプランへの契約修正を提案します。 深い商品知識は机上の学習で補う事が可能ですが、お客様のご家族それぞれにマッチした、未来に向けてのライフプランの見極めと提案は、頭の中の知識だけでは不十分です。 一定年齢以上の豊富な人生経験を持つ人材を中途採用した方が、より的確なアドバイザーとして活躍出来る感が否めませんが、多くの総合保険代理店は幅広い年齢層の応募者を待っています。 ゼロから素直かつ積極的にスキルアップに努める姿勢を、各社採用担当者は期待しています。

事務全般及び総務スタッフ

保険契約は小さな誤字脱字や誤記が一切許されない、現在数々存在する契約の中でも極めて「正確さ」が求められる、形の存在しない契約です。 一昔前であれば手書きの複写書式が契約書面でしたが、今日ではパソコンでほぼ全てを処理します。 契約者個人名の漢字が常用漢字の範疇外である場合など、誤変換がいざ保険金支払段階になって問題になるなど、小さなミスが取り返しのつかない展開に繋がるリスクが存在する仕事です。 総合保険代理店の事務職に従事する人材に求められるのは、スピードでも高い処理能力でも無く、何より「正確さ」に他なりません。 応募者の履歴書の書式一言一句や、面接時の立ち振舞いを通じ、採用担当者はこの部分を重視して審査しています。

更に人事総務関連の中途採用にも力を入れており、この職種に関しては「大卒」と学歴制限が見られる傾向が顕著です。 中途採用者の母校の優秀な人材確保や、全国各地の大学や専門学校などを訪問し、新卒者の人材確保や各所での説明会などを担当する以上、この職種に関しては「大卒」がポイントです。 同時に社内の社員の査定など、ドライな職責を担う事となる為、いわゆる営業分野の同僚とは一定距離を置いたセクションでの勤務となるのが一般的です。

外交営業担当スタッフ

生命保険会社あるいは損害保険会社の外交員からの転職者の場合、敢えて固定給雇用契約は交わさず、コミッション制での契約在籍スタッフを選択する中途応募者も少なくありません。 出勤退社時間も基本的には自由で、社内施設や機器は一般社員と同様に使用が認められますが、営業に際しての移動交通費などの一部経費は自己負担など、契約の詳細はさまざまです。 個人個人でコミッション率の設定が異なるのも常ですので、応募から従事に際しては、所属する総合保険代理店との契約内容を最大限の注意を払って確認しておかねばなりません。

全国的に知られる総合保険代理店所属の名刺を用いた営業活動が叶えば、それだけ大口契約締結の可能性も広がります。 中途採用募集に際しては、具体的な雇用契約に関してはスペース上触れておらず、代理店側はこの形態での契約スタッフを第一希望としているケースも多く、応募者側は事前確認が必要です。 募集告知文の中に「成果報酬制」的な文言があれば、こうした人材の募集だと推察出来ます。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.