総合保険代理店の転職と志望動機

総合保険代理店求人TOP >> 総合保険代理店の転職の基礎 >> 総合保険代理店の転職と志望動機

総合保険代理店の転職と志望動機

若い世代の志望動機

大学新卒者の就活は、一種の「内定早取り合戦」的な価値感の中、大学3〜4年生が1日も早い内定ばかりを目指し、競い合う傾向が見られます。 無事に新年度の4月1日に大勢の同期達と実社会デビューの後、次第に世の中を冷静に見る余裕が出て来た時期に、現職と自身のマッチングに疑問を抱く若い世代は少なくありません。 経済学を専攻し、卒論も金融に関する題材を選んだにも関わらず、全くの異業種で日々の業務に追われる毎日を過ごす、そんな人達は切実に転職を考えるようになるのも、自然な流れです。

しかし銀行や証券会社などは通常、中途採用募集を公に告知する事はありません。 経済あるいは金融関係に新天地を求める人達にとって、最も間口が広い業界、それが保険業界であり、近年注目を集める総合保険代理店なのです。 保険業界は他の心身ベンチャー企業とは異なり、常に安定したニーズが存在し、この先世の中が大きく変化しようとも、存在が不要となる事はまず想定出来ません。 長期的に勤務出来る安心感の高さもまた、転職先として魅力有る業界である点も、若い世代の転職先候補として人気を博している一因です。

保険会社勤務からの転職

総合保険代理店である以上、取扱保険商品の販売元の保険会社のとのコミュニケーションが非常に重要であり、常に複数社の担当者が出入りする環境となっています。 保険会社の代理店担当業務は、いわゆる固定取引先管理業であり、自社商品の販売促進やパンフレット等の資料の補充など、比較的地味な作業です。 事業拡大を目指す総合保険代理店側は、常に優秀な人材の確保に余念が無く、ヘッドハンティングを水面下で働き掛けるケースも珍しくありません。

誘われた保険会社の社員が仮に、単調な現在の職責よりも、普段出入りしている総合保険会社の活気溢れる職場環境に魅力を感じていたのであれば、転職が具体化します。 既に保険に関する十分な知識と、現場での経験値も豊富な人材ですので、幹部職候補として一般中途採用者よりも好条件で迎え入れられる期待値も十分です。 一定規模以上の総合保険代理店であれば、新入社員の研修担当者として、教育指導を担当する職責を任されるなど、更なる活躍の舞台が用意されています。

一定年齢以上の人達の志望動機

保険業界全般の中途採用に共通する特徴として、学歴に拘りが少なく、応募可能年齢設定が比較的高い点が挙げられます。 来店型営業をメインとする総合保険代理店は、若い世代中心に採用する傾向が見られますが、旧来の営業スタイルを幹とする会社の場合、比較的高い年齢での転身にも門戸を開いています。 若くして起業するも、諸事情で自社あるいは自事業を畳まざるを得なかった人や、家業を継ぐも継続維持が困難となった人など、経済社会の辛酸を知る人材が新天地を求めて応募しています。 机上で学ぶ実社会の厳しさでは無く、自身がお金や保険の大切さを痛感した経験を有している点を、総合保険会社は冷静に評価し、人事や総務担当に採用配属しています。

一般的にはマイナス査定に繋がり兼ねない、自社や自店を廃業してしまった経営者の経歴ですが、保険業界ではそうした経験値を評価する独自の尺度が存在しています。 自身の経歴や年齢がネックとなり、他業種での仕切り直しが難しい人達が活路を求める事が出来る業種です。 但し保険業法で禁治産者(破産した人物)が保険業に携わる事は認められておらず、こうした経歴を持つ人が採用される事はありません。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.