総合保険代理店の年収相場

総合保険代理店求人TOP >> 総合保険代理店の転職の基礎 >> 総合保険代理店の年収相場

総合保険代理店の年収相場

雇用契約形態によって異なる給与体系

総合保険代理店の年収相場を検証する前に、各社が中途採用に際して、どのような給与体系での雇用契約を提示するのか、この点を基礎知識として知っておく必要があります。 一般的に法人企業に正社員として中途採用されるに際しては、基本給プラス賞与が提示されるのが一般的であり、こうした固定給制を採用している総合保険代理店も少なくありません。 具体的な金額に関しては、各社の規模や実績によって幅が見られますが、世間一般的な平均年収は期待出来ます。

これとは別に総合保険代理店では、主に旧来の訪問型セールスで営業展開する保険募集人に対し、一部歩合制あるいはフルコミッション制で自社在籍募集人契約を交わす事もあります。 保険の新規契約募集に際しては、募集人は個人で保険代理店を開設登録して看板を掲げるか、既存の保険代理店に在籍していなければなりません。 総合保険代理店側は自社在籍の保険募集人としての活動を認可する代わりに、募集人が元来得られる手数料の何割かを徴収する「フルコミッション在籍契約」も合法的なスタイルです。 また「最低限の基本給プラス歩合給」の雇用契約を交わしている保険募集人も、外交営業の舞台を中心に大勢活躍しています。

固定給雇用のメリットと今後

全国展開を続ける一定規模以上の総合保険代理店や、店頭接客をメインの営業形態とする総合保険代理店の場合、新卒者は基本固定給契約、中途採用も大半が同様です。 また総合保険代理店の中途採用は、特に大卒限定など学歴重視の傾向は小さく、高卒や高校中退者が第一線の募集人として数多く活躍しているのも特徴です。 他のさまざまなジャンルの商品同様、保険商品も「より小さな保険料負担」を魅力と謳う傾向が顕著ですが、これは各代理店の収入減少に直結します。 保険契約締結に対し、保険会社から支払われる代理店手数料が各社の貴重な収入源であり、保険商品各々の単価が下がれば、より数多くの契約締結が必要となります。

相場的には決して高額とは言えない総合保険代理店の年収相場ですが、市場全体の現状から今後の展開を推察する限り、固定給での雇用契約は堅実な選択肢だと言えます。 とりわけ店頭接客を通じての成果は、その店舗のチームワークでの成果と評価する代理店も多く、一昔前とは違い、各募集人が取得成績を争う風潮は薄まっています。

コミッション契約の醍醐味とリスク

フルコミッションあるいは「基本給プラス歩合」での総合保険代理店との在籍契約の1番のメリットは、何と言っても「高額手数料を得られる可能性」に他なりません。 法人単位の節税対策目的の生命保険契約や、大規模な工事に関連する各種損害保険契約の成約が実現すれば、1契約で固定給社員の比では無い金額を得る事も夢ではありません。 自らの営業力に自信を持つ保険募集人や、組織に在籍せずに一攫千金を狙いたい野望を持つ上昇志向が強い人の場合、敢えてこちらの在籍契約を選択されています。

但しハイリスク・ハイリターンであり、結果が出せなければ、最悪「今月は収入ゼロ」という展開も十分想定されます。 コンスタントに小口の契約を積み重ね、最低限の自分の生活基盤をキープしつつ、ここ1番の勝負に挑む自己管理力を持たない方には、リスクの方が大きな契約スタイルです。 総合保険代理店の社員という「従事」というスタイルでは無く、企業側とドライなギブ・アンド・テイクに信頼関係の上で在籍するスタンスです。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.