総合保険代理店の仕事内容

総合保険代理店求人TOP >> 総合保険代理店の転職の基礎 >> 総合保険代理店の仕事内容

総合保険代理店の仕事内容

お客様のライフプランをサポート

集合住宅へのオートロック導入などセキュリティ面の強化や、インターネットの普及に伴う個人情報保護に対する意識の高まりが、総合保険代理店の営業スタイルを急速に大きく変化させました。 それまでの訪問販売型の「契約を取る営業」から、特に個人契約に関しては来店型の「コンサルティング営業」へと、一気に様変わりしています。 ここ数年色々なメディアで耳にする「保険の見直し」がその第一段階であり、来店客の現在の各種保険契約状況を一緒になって確かめ、修正すべき点をアドバイスする事が、総合保険代理店の営業スタッフの主業務の1つです。

自社が取扱う商品知識を、手元のパソコン画面や各種資料を用い、来店されたお客様にやさしく丁寧に説明して行きます。 現在の保険加入状況が本当に最適な状態と言えるのか、改善点は見当たらないのかを、一方通行では無く、あくまでお客様と二人三脚の共同作業で検証して行くところから、自社での契約へと誘って行きます。 取扱保険商品に関する深い専門知識が求められると同時に、1人のプロフェッショナルとしてお客様から信用信頼される人間関係を、いかに速やかに構築出来るかが「鍵」となる、大変やりがい溢れる仕事です。

専門知識の習得も大切な仕事

総合保険代理店勤務に際しては、専門知識の習得にも時間と労力を費やす事が不可欠です。 各社共積極的に勉強会やセミナー受講の機会を社員に準備しており、日々改訂が重ねられる膨大な各種保険商品に関する正しい知識習得をバックアップしています。 勤務時間中に自己啓発の機会が与えられる以上、これも立派な仕事であり、従事する以上は確実に自身のスキルアップを重ねて行かねばなりません。

保険商品の販売に際しては、法律で定められた資格の保有が義務付けられており、一定レベル以上の有資格者で無ければ取り扱えないジャンルの保険商品も複数販売されています。 総合保険代理店サイドとしては、1人でも多くの自社スタッフに、取扱全種類の商品の販売が可能である事がベストです。 特に入社直後から暫くの間は、即戦力となるべく専門知識の習得と資格取得が「大切な仕事」となり、この段階で即戦力とは言えない自身に焦りを覚えず、地道に努力を重ねる心構えが求められます。

企業相手の大口営業

保険契約は対個人のみならず、契約者が法人の高額な保険料を領収する大口契約も数え切れず、大きな手数料を自社にもたらすこうした契約の取得が、自社の増益成長に繋がります。 各総合保険代理店にとっては、こうした法人契約をメインに営業活動を展開する人材が不可欠で、即戦力として積極的な中途採用を展開しています。 こちらのフィールドでは旧来同様の「訪問セールス」が基本であり、綿密なリサーチから十分な分析を重ね、見込み先企業の既契約の満期時期に自社契約を取りつけられればベストです。 「法人契約攻略はチェスだ」と語る、同分野で活躍されている方々の言葉には、やりがいと苦労と成約に至れた瞬間の達成感が詰まっています。

契約締結に際しては、自ずと相手先企業のトップクラスとの面談の機会に恵まれます。 他の競合保険代理店を集めての「プレゼンテーション」が開催される事も珍しくなく、同業者と鎬を削る緊張の場面を繰り返し体験する事は、自分磨きにも大きなプラスとなります。 1契約の保険料が数百万数千万単位の契約も取り扱うケースも想定され、ビッグビジネスの醍醐味を体感出来る職種です。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.