総合保険代理店の将来性

総合保険代理店求人TOP >> 総合保険代理店に関するコラム >> 将来性

総合保険代理店の将来性

社会の価値感の推移がポイント

私達が今日当然の如く付保している数々の保険契約に関し、その捉え方は加入者各自によって、また契約内容によって大きく異なっています。 一昔前であれば「保険は有事のお守り」的な概念も見られましたが、対人対物賠償に対する意識の向上など、世の中の価値感の変化に伴い、保険に対する注目度は一気に高まりを見せています。 当たり前の担当者に言われるがまま、ただ更新を重ねるだけの保険契約というスタイルは、既に過去の話であり、だからこその総合保険代理店の躍進に繋がっています。

契約者側に正しい保険知識を伝え、より的確かつ負担が少ない保険契約を提案する、いわゆるコンサルティングスタイルの保険営業は、今後も個人契約を中心に主軸となる事、間違いありません。 各総合保険代理店は、自社でよりバリエーションに富んだ保険商品の取り扱いを実現すべく、各保険会社との折衝に力を注がねばなりません。 対顧客、対保険会社双方に活躍する人材の確保が不可欠であり、業界全体を通じ、今後も積極的な人材募集の実施が期待され、同業界への転職希望者にとって好ましい傾向だと言えます。

更に自社の事業展開拡張に伴い、保険業以外の新規分野への参入の動きを見せる代理店も、今後増加傾向が予測されています。 柔軟かつアグレッシブな営業展開で、既存の概念では想定出来なかった企業として成長して行く上では、やはり優秀な人材が不可欠です。 保険という今日の社会では不可欠な商品を自社収入源の幹として、関連分野あるいは異業種に更なるシェアを求める企業が、より門戸を広げた中途採用に積極的です。

他業種と共通する利益確保がポイント

書店や電気店などに代表される顕著な傾向として、旧来の小規模店舗が次々と姿を消し、大規模店舗として再編成化が進んでいる現状が挙げられます。 保険業界にもこの傾向は共通しており、例えば自宅に看板を掲げ、保険会社1社だけの保険商品のみを扱う旧来の小規模代理店の淘汰が進んでいます。 一定規模以上の総合保険代理店は、こうした代理店が吸収に値するか否かを冷静に見極め、更に自社の営業基盤の拡張に余念がありません。 こうした業界内の動きが結果、1個人で代理店を営んでいた人物が、総合保険代理店に中途採用される流れを生んでいます。

より安価な保険料は契約者にとって魅力大な情報ですが、代理店側の減収と背中合わせでもあります。 保険代理店は営利目的の法人組織であり、正当な手法で保険料の増収を目指すのが元来の経営指針であり、各社はこの矛盾と対峙しつつ、自社の経営方針を模索しています。 「安さ」をより全面に謳いつつ自社を維持するには、規模を大きくするのが数字的に1番確実な方法であり、先述の総合保険代理店の大型化に繋がっています。 こうした保険代理店の再編は今後も継続し、それに伴う中途採用募集も積極的な展開が期待されます。

エンドユーザーの知識向上への対応が不可欠

インターネットの普及定や総合保険代理店が積極的に保険商品を説明する姿勢を強化した結果、エンドユーザーの保険に対する知識は飛躍的に向上しています。 個人契約の来店型接客に際して、あるいは大口の法人契約取得の営業展開双方に対し、より一層広く深い専門知識が求められる市場への変化が顕著です。 躍進を見せる総合保険代理店では、社員のスキルアップを目的とする勉強会やセミナーの開催にも余念が無く、こうした努力を怠る姿勢の人材は、次第に居場所を失う事となってしまいます。 刻一刻と変化を見せる保険業界に喰らい突いて行く、積極的な学習姿勢を有する人材が成功する、非常にフェアで挑み甲斐十分な職域です。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.