総合保険代理店のアルバイト・派遣

総合保険代理店求人TOP >> 総合保険代理店に関するコラム >> アルバイト・派遣

総合保険代理店のアルバイト・派遣

募集職種制限には理由が

重要な個人情報を扱う総合保険代理店の業務に従事するには、法律で定められた所定の資格が必要である職務が大部分を占めています。 これが結果アルバイトや派遣社員募集が殆ど見られぬ現状と関係していますが、それでも募集が全く見られ無い訳ではありません。 入社後に生損保各々の初級資格を取得する事を前提に、正社員以外の雇用形態での従業員募集我告知される事があり、その殆どがいわゆる事務職す。 インターネットを用いた保険契約が可能となる以前であれば、ダイレクトメール投函など資格保有を必要としない職務を負うアルバイト募集も見られましたが、現在は殆ど見掛なくなっています。

形を有さぬ特殊な金融商品である保険契約に携わる人材に関しては、禁治産者すなわち破産経験者や本人確認が怪しい人達は従事が認められていません。 採用に際してその辺りの確認作業が比較的甘くなるアルバイトや、第三者機関を通じての派遣などが大きく制限されるのは、ある意味当然だと言えます。 保険業務に携わりたいと本気で考えるのであれば、 然るべき資格を取得の上、あくまで本業としてコンプライアンスを順守する厳しい姿勢で臨む事が不可欠です。

コミッション制の所属募集人という選択肢

全体的には少数派の存在ですが、保険募集人に必要な資格を有する人達が、あくまでフルコミッション契約で、特定の総合保険代理店に在籍しています。 具体的な拘束時間や出勤義務などは、あくまで在籍する代理店との相談折衝もしくは指示に従う事となりますが、他に主たる収入源を有する人達が、サイドビジネス的に携わるパターンです。

アルバイトとは違いますが、1日の大半を保険業務に費やさず、あくまで自分自身の空き時間を充当したいのであれば、決して不可能では無い関わり方です。 但し保険業務に携わる以上、日々の勉強や最新情報の収集確認、そして何より自身の既契約者の適正な管理は、決して片手間では適正に対応出来ません。 極端に変則的な事例として、FPやその他関連国家資格保有者が、他に同資格を有する社員が存在しない中小総合保険代理店に籍だけを置くパターンが挙げられます。 代理店側は「当社はFP有資格者在籍代理店」と謳う事が叶うメリットを得る事が出来、在籍に対して報酬を得る、非常にイレギュラーな雇用契約ですが、こうしたケースも現存しています。 在籍者の高年齢化が進み、将来的にこうした国家資格を所属社員が新たに取得出来る可能性や姿勢が見られぬ代理店が、水面下でこうした動きを見せる事があり、違法行為ではありません。

派遣社員として従事出来る可能性

今日インターネットを利用した保険契約が合法的に認可され、この分野のマーケットが拡張を見せ続けている現状を見れば、旧来の概念とは違うスタイルの保険募集人の登場も想定されます。 例えば私達が日常活用するツールも、携帯電話がスマホへと進化し、デスクトップ型で携帯不可能な旧来のパソコンが実社会に占める割合は、着実に減少の一途を辿っています。 将来的にスマホや更に小型化された未知の通信機器が市民権を得た場合、それらを通じた保険募集から契約締結、更には顧客管理が合法的に認可される展開は十分予想されます。 今を遡る事十数年前、個人情報や機密情報保守の観点から、保険業界では他の業界と比較してインターネット導入が大きく遅れていました。 パソコンの知識を持たぬ多くの代理店は、今日の顧客管理や営業展開を自社で実践するに際し、大変苦労した歴史を有しています。 保険業界が派遣社員の確保を切望する場面が生じるとすれば、再度同様の状況が生じる時だと推察出来ます。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.