総合保険代理店の離職率

総合保険代理店求人TOP >> 総合保険代理店に関するコラム >> 離職率

総合保険代理店の離職率

離職の時期に見られる特徴

総合保険代理店の離職率に関しては、離職の時期に顕著な特徴が見られ、先ず第1に、新卒入社から1年以内の離職者の比率が、他業種と比較して幾分高目です。 これは断じて職場環境が辛い等の理由からでは無く、新卒入社者の就職活動に際しての姿勢が影響しています。 大学に於ける就活では、1日でも早く内定を得る事が勝利者的な価値観の存在が否めません。 内定を得る事をゴールに据えてしまったまま実社会に臨み、結果勤務を継続する意思を見失ってしまう、そんな若者が保険代理店業界にも毎年足を踏み入れている為です。 更に「経済学を学んだ以上は金融関係に進まねばならない」といった、ある意味視野の狭い職種選択の結果、自身の元来の適正と不合致である事が入社後露呈してしまうケースも見られます。

次に入社時点から中長期的な在籍では無く、総合保険代理店での経験をステップに、自身のライフプランに沿った転身を図る人材の離職も見られます。 離職後の進路に関しては十人十色ですが、保険会社や他の代理店からのヘッドハンティングが水面下で盛んに実践される業界です。 総合保険代理店の在職期間を通じ、保険業界内に新天地を求める人もいれば、他業種へ転身、あるいは経験と資格を武器に個人事務所を開設するなど、転身の選択肢は少なくありません。

配属先や職責を理由に離職するケース

総合保険代理店は法人組織すなわち会社であり、従事する全ての人材が保険募集人として、保険商品の販売や営業に携わる訳ではありません。 とりわけ新卒者の採用後の配属に際しては、一定規模以上の代理店であれば、地元を離れ全国各支店を転々とする、あるいは総務、人事、経理部門などへの配属の可能性も十分です。 保険のプロフェッショナルとして将来独立あるいは金融業界でスキルアップを目標にしていた若き人材が、意に沿わぬ職責を任命された場合、自身のライフプランの根本的見直しが必要となります。 あるいは慣れぬ土地と肌が合わないなど、地方配属に因るメンタル面の不安定もまた、結果早期離職に繋がる確率をアップさせています。

いずれも就職をどう理解しているのか、当事者の解釈と企業側の物差しとのズレがポイントですが、総合保険代理店に於いて、新卒採用者の早期離職傾向が見られる要因です。 対して中途採用者はそれまでの実社会経験を通じ、企業に属する事を社会人の尺度で理解していますので、固定給雇用を選択締結した人材は比較的中長期的従事が中心です。

中小規模の代理店の統合廃業に際しての離職

いわゆるメガストア化の波は、総合保険代理店業界にも共通する顕著な傾向です。 中小規模の代理店は自社維持手段として、同程度規模の他社との統合合併や大規模組織との吸収合併に活路を見出すパターンも少なくありません。 ここで力関係が弱い側の人達が結果、新たに再構築された職域内での居場所に窮し、残念な事ですが離職を選択され、一定年齢以上の方々の中には再就職に苦労されているのも現実です。

保険業界に限らず、実社会の企業間の鬩ぎ合い上避けられぬ事例ですが、新天地で旧来のポストや肩書が与えられぬ、いわば自身のプライドが満たされぬ事を理由の離職も見られます。 当事者の選択の是非を外部が問う事は出来ませんが、自らの名刺あるいは社内に於ける役職の降格が我慢出来ない、一定年齢以上の人が衝動的に離職を選択するパターンです。 保険業界で食べて行く強い意志があれば、自らの中で処理して回避出来る離職の理由です。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.