新規開業の総合保険代理店の求人

総合保険代理店求人TOP >> 条件別の総合保険代理店の求人 >> 新規開業

新規開業の総合保険代理店の求人

代理店新規開業の仕組みを知る

新たに保険代理店業を主業務に法人組織が設立される場合、大きく分けて以下にご紹介する3つのパターンが存在します。 1つは広義の金融保険業界で保険募集人として活動し、相応の資格と知識と実績を有する保険募集人が、法人組織を立ち上げ、自らが経営者として保険業界で勝負を賭ける場合です。 他業種でも頻繁に目にする「新規事業展開に伴い、全職種急募」と基本的に経営者側の事情は共通しています。

次に保険会社の社員が退社独立し、自らが業界内で構築した人脈を活かし、在職時はライバル会社だった商品も含めて取扱う、総合保険代理店を構えるケースです。 また一部損害保険会社では、採用当初から数年後に独立して自社保険商品をメインに販売する人材を、期間限定で契約社員として雇用育成しています。 独立を認可されるには保険会社が設定する諸々のハードルをクリアしなければなりませんが、諸条件をクリアして独立開業資格を勝ち取った人物の起業に際しても、当然人材募集が急務です。

最後に既存の企業がゼロから保険業界に参入するパターンです。 自動車業界や旅行業界、不動産関連業界など、既に保険会社と何らかの接点を有する、一定規模以上の企業がこの事業展開を見せる事があります。

保険業法など保険商品の取扱販売に関する法律は、時代の流れに常に則するよう、頻繁に改訂が重ねられ続けています。 インターネットの普及に伴い、個人情報保護の観点からその成約が厳しくなる一方、保険代理店開設に際しては柔軟性を見せる傾向も顕著です。

新規開業企業の共通点

既に保険業界で実務経験を持つ人物が経営者の場合、保険業界が長年に渡り踏襲し続けている、雇用条件面や営業ノウハウなどが幹となる会社として運営されるのが、当然自然な流れです。 とりわけ保険会社の育成雇用期間を勝ち残り、念願の起業に辿り着いた経営者の場合、いわゆるコミッション制の苦しい時期を経験している為、自社社員に無条件で好待遇を提示する事はありません。 成果主義、実力主義の少数精鋭人で運営する自社を青写真としていますので、応募する側はこうした経営者の価値感と自身のそれらのマッチングを見極める事が大切です。

対して他業種で実績を有する既存企業が総合保険代理店部門を新設する場合、自ずと母体となる企業が設定する雇用条件が基本となります。 福利厚生の充実など、安定を従業員に約束する価値感の企業の場合、実績がゼロの新規部門である以上、給与面等は抑え目になって当然です雇用条件面の見通しの確認が不可欠です。

新設企業の実態確認は必須

総合保険代理店を名乗るには、数々の資格取得と何より法律に基づく認可が不可欠ですので、信頼出来る求人情報組織経由の募集告知であれば、基本リスクは極めて小さいと判断出来ます。 ですが法人組織としての経済社会に於ける実績はゼロですし、経営方針や青写真もあくまで机上の論理に基づく採用であり、安全や安定が確約された雇用契約ではありません。 応募告知の文言が魅力溢れる記述内容であったとしても、大切なのは設立間もないその企業の実態確認作業です。

例えば手元のパソコンを活用し、思い当たる検索ワードを用いるだけでも、その企業に関する数々の関連情報の収集が可能です。 十分に収集した情報の真偽を1つずつ冷静に見極めつつ、企業側が公的に配信している自社情報と照合確認の上、応募に値する企業か否かを、冷静に自己判断しなければなりません。

総合保険代理店の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 総合保険代理店転職ナビ【※求人数が増えている業界を分析!】 All Rights Reserved.